トップページ >  > 研修医(実習生)日記(30.01.17)

研修医(実習生)日記(30.01.17)

= 実習生日記(30.01.17) ==


宮崎大学医学部5 森山 美沙


実習の間、12/25-12/29、函館では珍しく、ずっと吹雪でした。


00001.jpg

1225日の夜、サンタさん(森山さん)、爆弾低気圧とともに函館入りされました。

天候に恵まれず残念でしたね。

次回、良い季節にお待ちしています(コーディネーター高崎)


= 実習生日記(30.01.17) ==

北海道大学医学部5 山中 洋

"山中 洋の函館放浪記"


立待岬...色んな青がきれい

DSC_1395.JPG





開陽丸...戊辰戦争で戦力になる前に散った船

DSC_1588.JPGのサムネール画像






イカ丼...新鮮なイカは本当に美味しい。

肝も美味しい。

自由市場のおすすめの魚は本当におすすめ。

DSC_1618.JPG
















五稜郭・函館奉行所...ライトアップもきれい。

奉行所の復元した建物は実に美しい

梁の木目を見ているだけでその美しさに感嘆する。

DSC_1685.JPGのサムネール画像








= 実習生日記(29.11.22) ==


北海道大学医学部5 泉 泰純

学友とラッキーピエロ人見町店でツーショット

piero.jpg








          朝市でイカ釣りを楽しむ

ika.jpg













知内でのサケの釣果オス4 メス1

sake.jpg








     函館五稜郭タワーからのショット

tawa.jpg










== 実習生日記(29.10.27) ==

 

 国立函館病院での実習が2週間終わり、函館の生活にも大分慣れてきました。聴診や触診や視診、問診の取り方や心電図の読み方など毎日幅広いことを教えていただいています。患者さんと関わる機会が多くて、とても勉強になっています。緊急の症例も何例も目にすることができましたし、緊迫した雰囲気を感じられたこともいい経験になりました。

mizunore.png

 宿舎での生活は思っていたよりも快適で、洗濯機の排水を床にこぼしたこと以外は何不自由なく暮らしています。ガスのコンロIHより断然早くあったまりますし、灯油ストーブは前にいると暑いくらいにあったかいです。お風呂もすぐにあったかいシャワーがでます。ストーブをつけていれば洗濯物は室内でもすぐ乾くので、風に飛ばされる心配はありません。

 何より病院までが近いので超寝坊しても、最悪カンファの10分前に家出れば間に合います。本当は朝早く起きて勉強してから行きたいのですが、この距離に甘えて寝すぎるのが強いて言うなら難点です。来週からは早起き頑張りたいです。

北海道大学医学部5年 吉田 有貴子


== 実習生日記(29.8.24) ==

故郷に帰ってきた時のようなアットホームな気持ちになれる病院、というのが第一印象です。研修医1人当たりの症例数が多く、また、熱心にご指導してくださる先生方ばかりなので、初期研修の2年で確実に実力をつけることができる病院だと確信しました。

旭川医科大学5年 黒須 拓郎


== 実習生日記(29.7.31) ==

7/24-25にかけて病院見学させていただきました徳島大学医学部6年の角藤と申します。
函館に着いて早速米澤先生、高崎さんに市内を案内していただきました。間近で見た豪華客船は本当に大きかったです。自分もいつか乗れるようにがんばりたいと思います。
 それはさておき見学1日目は循環器内科2日目は外科を見学させていただきました。
どちらの科も気さくな先生が多く熱心に指導してくださいました。夜は盛大に歓迎会を開いていただき、函館の食を存分に堪能させていただきました。函館は歴史、自然、食と全てが素晴らしく、自分も是非この街に住んでみたいです
初期研修に関しては研修医の数が少ないので上の先生にマンツーマンで指導してもらえる機会が多く、じっくりと研修に臨みたい場合にピッタリだと思います。何より病院の雰囲気がとても良く研修環境に関しては申し分ないと感じました。
加藤先生、大原先生はじめ今回の見学でお世話になった全ての方に感謝致します。本当にありがとうございました。

                       徳島大学医学6  角藤 一


29.7.24ship.JPG


== 実習生日記(29.6.15) ==

函館実習も残り2日となり、名残惜しい気持ちでいっぱいです。

昨日一昨日と米澤先生に函館山からの夜景、さらには城岱牧場からの裏夜景に連れて行っていただき、これで函館の観光スポットは制覇できたのではないかと思います。