トップページ > 栄養管理室 > 栄養管理室のご紹介

栄養管理室のご紹介

 当院、栄養管理室は管理栄養士・栄養士・調理師、事務助手の16名で構成されています。「栄養食事指導」をはじめ「美味しく・安全な食事」をお届け出来るように日々、献立の工夫や衛生管理を心がけています。

 食生活の多様化、生活様式の変化等の影響により、メタボリックシンドローム(代謝症候群)の治療の方も多く、病院食は患者さん個々に合わせたお食事となっております。

栄養サポートチーム(NST)・緩和ケアチームによる栄養管理にも重点をおき活動しています。

 入院中の食事は「治療の一環」ですので「食べる事」の大切さをご理解いただければ幸いです。

 外来・入院にかかわらず栄養管理や食事内容についてはお気軽にご相談ください。管理栄養士が対応させていただきます。

  

eiyokanrisitu.jpg■麦ご飯
 当院では食事療法の一環として週3回麦ご飯を提供しております。
 当院では、米粒麦を使用しております。米粒麦に含まれる大麦には、精白米と比べると
食物繊維や、カルシウムビタミンB2などが多く含まれています。特に食物繊維は、水溶性・不溶性がバランスよく含まれていて、生活習慣病に有効
とされております。
麦アレルギーの方や一部の食種は、白飯で対応しております。
■栄養相談
〈個別指導〉
 患者さんの疾患に合わせた個別指導を随時行っております。
〈集団指導〉
 ☆糖尿病勉強会 クロッカス  毎月 第2木曜日 13:30から


eiyokanrisitu1-2.jpg

eiyokanrisitu5.png
    クロッカスでは糖尿病の食事を理解して頂くために、糖尿病ランチバイキングを実施しております。平成30年度は7月に開催いたしました。
クロッカスレターを毎月発行しております。
■講演活動

 栄養に関する講演会なども行っております。

■お誕生日カード
 誕生日当日の夕食を病院で迎えられた患者さんには、病院からお誕生日カードとデザートをご用意いたしております。
行事食
 季節に合わせた食事を提供しております。
  年中行事
 5月・・・ こどもの日
 7月・・・ 七夕
 9月・・・秋分の日
 12月・・・冬至・クリスマス・大晦日
 1月・・・ 正月
 3月・・・ ひなまつり 等
eiyokanrisitu3.jpg