トップページ > ピロリ専門外来 > ピロリ菌って何ですか

ピロリ菌って何ですか

 ピロリ菌は胃の粘膜に炎症を起こし、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんの原因になります。ピロリ菌には5歳位までに感染して、除菌しないかぎり胃の中で一生涯住み続けます。

 しかし、ピロリ菌の除菌をすると再び感染することはほとんど無く、日本では男女ともに高い死亡率である胃がんになることも防ぐことができます。まずは簡単な検査でピロリ菌に感染しているかどうか調べてみませんか。それが胃がん予防の第一歩です。

piroriQA.jpgのサムネール画像