トップページ >  当院について >  地域医療連携室からのお知らせ

第111回合同教育講座8月19日(金)のご案内・終了しました。

111回合同教育講座  8月19日(金)のご案内

  国立函館病院では「国立函館病院合同教育講座」を開催しております。 今回は下記要領にて第111回国立函館病院合同教育講座を開催いたしますのでお知らせ致します。 どなたでも参加できます。参加料は無料です。

godo111.jpg

ホスピス緩和ケア週間 緩和ケア相談会のお知らせ・終了しました。

 10月4日から10日は「ホスピス緩和ケア週間」です。当院の緩和ケアチームでは、緩和ケアについてより多くの方に知ってもらおうと様々な活動を行っております。今回、ホスピス緩和ケア週間にあわせて、緩和ケアに関する相談会を開催いたします。  

 どなたでも参加できます。参加料は無料です。事前申込等不要です。

  

 「緩和ケア、ホスピスってなあに?

   -緩和ケアチームにおける医師・看護師・

       薬剤師・管理栄養士・医療相談員・

          理学療法士がわかりやすく解説-

 緩和ケアに関する質問や相談などを受付します。

kanwa27.jpg

   

  

 開催日時:平成27年10月5日(月)から9日(金)  

            9:00から12:00(緩和ケア相談コーナー)

 開催場所:国立函館病院 1階 外来ロビー

 参加申込・費用は不要です。どなたでも参加できます。当日会場にお越し下さい。

 

 チラシのダウンロードは>>>こちらから

道南地域がん拠点病院における講演会・研修会(一般向け)のお知らせ

 

道南地域のがん拠点病院(国立函館病院、市立函館病院、函館五稜郭病院)では、がんに関する講演会を数多く実施しております。

 3病院で実施しているがんに関する講演会・研修会(一般向け)の情報につきましてお伝えいたします。下記をクリックしてご覧下さい。

 

詳細は>>>>こちらから(2月26日更新)

 

乳がん講演会(知内町)のご案内・終了しました

乳がん講演会 のお知らせ

 

 国立函館病院では道南地域において、様々な講演会を実施しております。

 平成25年度も下記のとおり、実施をいたします。

 参加は無料です。

 みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

 乳がん講演会(知内町) 

 内容>>>こちらよりご覧下さい(PDF)

場所:知内町中央公民館

 日時:平成25年9月8日(日) 12:00-15:30  終了しました

【参加無料】

 

国立函館病院による講演会は(13:00-)となります。

 

厚沢部講演会.JPG

 

 

 

 

 

         【お問い合せ】国立病院機構函館病院

                地域連携室

                  0138(51)3876

「看護の日」イベントを実施します!(5月15日)

kangonohi25.JPG

地域がん拠点病院公開講座 4月15日(月)のご案内・終了

国立函館病院では「国立函館病院合同教育講座」をはじめ、各種講演会、講習会を開催しております。

今回は下記要領にて地域がん拠点病院公開講座を開催いたしますのでお知らせ致します。

 どなたでも参加できます。参加料は無料です。事前申込等不要です。

  

   地域がん拠点病院公開講座 4月15日(月)のご案内

  

    「1次予防と2次予防の連携による胃がん撲滅

   

 講 師 :北海道大学病院 光学医療診療部 助教  間部 克裕 先生 

 

 開催日時:平成25年4月15日(月) 終了しました

        17:00- 

        開催場所:国立函館病院臨床研究棟視聴覚室

「循環器・呼吸器外科、消化器外科 特別セミナー2013」のご案内・終了

国立函館病院では「国立函館病院合同教育講座」をはじめ、各種講演会、講習会を開催しております。 今回は下記要領にて「循環器・呼吸器外科、消化器外科特別セミナー2013」を開催いたしますのでお知らせ致します。

どなたでも参加できます。参加料は無料です。事前申込等不要です。

  

   ●「循環器・呼吸器外科、消化器外科 特別セミナー2013」 3月4日(月)のご案内

  

    「外科の実例から学ぶ

       医療者が元気に働けるためのヒント

 講 師 :北海道大学大学院医学研究科 消化器外科分野2                               

                              教授   平野 聡 先生 

 

  「弁膜症形成術への工夫

   講 師 :北海道大学大学院医学研究科 循環器・呼吸器外科

                              教授   松居 喜郎 先生 

 

 

 開催日時:平成25年3月4日(木) 終了しましたsemi2503.JPG

        16:30-17:30 

        開催場所:国立函館病院臨床研究棟視聴覚室

がん地域連携パスのご案内

<医療機関さま向けご案内> 

がん地域連携パスのご案内                                 

 

国立病院機構函館病院は、平成23年3月18日に地域がん診療連携拠点病院に認定されました。

がん拠点病院では、自らの地域内にある多くの医療機関と、協同でがん治療にあたる体制を構築することが求められており、当院でも5大がん(肺、胃、肝臓、大腸、乳房に出来るがん)に対して、手術などの入院治療が終了した後の安定した患者さんについて、その後の期間を拠点病院の専門医とかかりつけ医の両者が、役割分担して外来治療や経過観察を行っていく体制を構築しております。
 具体的には、拠点病院とかかりつけ医との間であらかじめ数年先までの診療方法を定めた計画書に沿って行います。この計画書を利用できれば、いつでも、どこでも、どなたでも、同じ医療を受けることができます。この計画書をがん地域連携パスと呼んでいます。当院では、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がんについては、函館市がん地域連携パス協議会、函館市医師会にて作成したがん地域連携パス「私のカルテ」を使用し、肝がんにつきましては当院にて作成したクリティカルパスを使用させていただきます。
 ただ、ご利用にあたっては対象となる疾患が限られており、病状によっては適応にならない場合があります。
 対象となる患者さんには担当医や担当スタッフからご案内させていただきます。(利用するかしないかは自由です強制はいたしません。)
 その他、ご不明の点、詳細については、当院地域医療連携室・がん相談支援室までお問い合わせ下さい。


-こんなメリットもあります-
☆専門病院とかかりつけ医が共同で診療にあたる事になるので、

・主治医が複数となり、より質の高いケアができる

・異常の早期発見や、きめ細かな対応ができる

・病院や診療所の混雑が解消され、治療のお話をゆっくりお聞きできるようになる。

・専門病院が遠方の場合は毎月通わなくても、近くの連携病院が診療にあたるため、患者さんの負担が軽減されます。専門病院には、年に数回受診するだけです。

 

 

当院では、地域の病院・診療所さんに、当院とがん診療連携体制を構築してくださるようお願いしております。

がん地域連携に際しては、がんごとの治療計画書を使用し、相互の情報共有をはかると共に、施設基準を提出することで診療情報提供時に「がん治療連携指導料300点(B005-6-2)」が算定できるようになります。


 下記より、「がん地域連携パスイメージ」「がん地域連携パス(私のカルテ)」をダウンロードして、ご確認ください。

※ここで公開しております「私のカルテ」につきましては、サンプルです。実際の連携においては、冊子状になったA5サイズのものを使用いたします。ただし、肝がんにつきましては、A4サイズのものを使用いたします。

 

なお、当院と医療連携を行って頂ける場合は、「参加申込書」に必要事項を記載の上、当院までお送り下さい(用紙は、下記からダウンロード可能です)。

参加申込書をご提出いただきましたら、施設基準の登録等は当院にて行わせていただきます。

※平成2441日から、
1,連携医療機関が施設基準の届出を行わなくて良い事になりました。(届出は計画策定病院のみ行う)
2,当該保険医療機関の屋内において喫煙が禁止されていることが条件に加えられています。

 

 

 

 

こちらからダウンロードしてください。

がん地域連携クリティカルパスイメージ

 

がん地域連携クリティカルパス(私のカルテ) 

※ここからダウンロードできるものは、見本です。実際、使用する場合は、冊子になったものを患者さんにお渡しします。

胃がん(内服なし)見本 

胃がん(4投2休)見本

胃がん(2投1休)見本

大腸がん(内服なし)見本

大腸がん(内服あり)見本

肺がん(内服なし)見本

肺がん(内服あり)見本

乳がん見本

肝がん見本

 

参加申込書

 

※平成2441日から、
1,連携医療機関が施設基準の届出を行わなくて良い事になりました。(届出は計画策定病院のみ行う)
2,当該保険医療機関の屋内において喫煙が禁止されていることが条件に加えられています。

 

 

お問い合せ先

 独立行政法人国立病院機構 函館病院 がん相談支援センター

      電話  0138(51)0229(直通)

      FAX  0120(750)766

外来栄養指導のご案内

 外来栄養指導のご案内

 

 国立病院機構函館病院では、管理栄養士による栄養指導を実施しております。

 患者さんの病気、状態に合わせて、日々の食事の摂り方などを指導いたします。

 患者さんの検査結果や食習慣などから患者さんの状態や食生活の問題点をみつけ、患者さんにあった食生活ができるようアドバイスをしたり、日頃食生活で疑問に思っている点などを、管理栄養士が指導させていただきます。

 

栄養指導を希望される方は、まずは医師にご相談下さい。

●当院に受診されている方は、医師もしくは看護師に、栄養相談を受けたい旨をご相談ください。

 

●当院に受診されておらず、当院以外にてかかりつけの先生がいる場合 は、まずかかりつけの先生にご相談ください。

 なお、当院では院外の患者さんの栄養指導も行っております。当院で の栄養指導をご希望の場合は、かかりつけの先生にご紹介状を書いてい ただき、かかりつけの病院・診療所から、当院地域医療連携室にご連絡 をいただきますようお願いいたします。


●かかりつけの先生がいない場合は、まずは国立函館病院の循環器外来を受診下さい。

 ※受診の際は、栄養指導を希望している旨をお伝え下さい。

 ※担当医が不在の場合がございます。受診の際は、事前にお問い合せ下さい。

 

 

 

 なお、病院における栄養指導は、治療行為の一環によるものです。医師の指示のもと、糖尿病や高血圧症、脂質異常症、高度肥満症などの方に対する指導となります。そのため、まずは受診をしていただき、必要時に栄養指導を受けていただくこととなります。

 栄養士.JPG

お問い合せ

独立行政法人国立病院機構函館病院

地域医療連携室

TEL0138(51)3876

FAX0120(750)766

緩和ケアに関する講演会開催のお知らせ(平成25年1月31日)終了

国立函館病院では「国立函館病院合同教育講座」をはじめ、各種講演会、講習会を開催しております。

今回は下記要領にて緩和ケアに関する講演会を開催いたしますのでお知らせ致します。

 どなたでも参加できます。参加料は無料です。事前申込等不要です。

  

   講演会 1月31日(木)のご案内

  

    「こころのケア・スピリチュアルケア

             -サイモントン療法から-

   

 講 師 :滋賀医科大学医学部家庭医療学講座

kanwa250131.JPG         緩和ケア医 医学博士   田村 祐樹 先生 

 

 開催日時:平成25年1月31日(木) 終了しました

        17:30- 

        開催場所:国立函館病院臨床研究棟視聴覚室

乳がん講演会(八雲町)のお知らせ・終了

乳がん講演会 のお知らせ

 

 国立函館病院では道南地域において、様々な講演会を実施しております。

 平成24年度も下記のとおり、実施をいたします。

 参加は無料です(事前申込み制の講演会もあります。各案内をご確認下さい)。

 みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

 乳がん講演会(八雲町) 終了しました

内容>>>こちらよりご覧下さい(PDF)

場所:八雲町シルバープラザ

日時:平成25年1月24日(木) 13:00-15:30 【参加無料】

 参加希望の方は、1月21日までに八雲町役場 保健福祉課健康推進係(0137-64-2111)までお申し込み下さい。

   ※終了しました

 

 また、この他にも、多数の講演会を予定しています。詳細が決まり次第、情報を更新いたします。

 

                   【お問い合せ】国立病院機構函館病院

                          地域連携室

                          0138(51)3876

講演会のお知らせ(平成24年11月19日(月)開催)

国立函館病院では「国立函館病院合同教育講座」をはじめ、各種講演会、講習会を開催しております。

今回は下記要領にて講演会を開催いたしますのでお知らせ致します。

 どなたでも参加できます。参加料は無料です。

  

   講演会 11月19日(月)のご案内

  

    「50歳になってからの

   国立がんセンター病理医から

      アメリカ病理研修医への転身(仮題)

   講 師 :Roswell Park Cancer Institute 

nakanisi.JPG                   Clinical Fellow  中西 幸浩 先生 

 

 開催日時:平成24年11月19日(月) 

      午後5時30分から


 

 開催場所:国立函館病院臨床研究棟視聴覚室

講演会のお知らせ(乙部町・木古内町・江差町・森町)・終了いたしました。

乳がん講演会

 

糖尿病講演会 のお知らせ

 

 国立函館病院では道南地域において、様々な講演会を実施しております。

 平成24年度も下記のとおり、実施をいたします。

 参加は無料です(事前申込み制の講演会もあります。各案内をご確認下さい)。

 みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

 乳がん講演会(乙部町) ...終了いたしました

 内容>>>こちらよりご覧下さい(PDF)

場所:乙部町民会館 大ホール

 日時:平成24年8月24日(金) 18:00-20:30 【参加無料】

 参加希望の方は、8月10日までに乙部町町民課保健衛生係(0139-62-2311)までお申し込み下さい。

 

乳がん講演会(木古内町) ...終了いたしました

内容>>>こちらよりご覧下さい(PDF)

場所:木古内町健康管理センター

 日時:平成24年8月25日(土) 13:00-15:30 【参加無料】

 参加希望の方は、当日会場へお越し下さい。事前申込みは不要です。。

 

乳がん講演会(江差町)...終了いたしました 厚沢部講演会.JPG

 内容>>>こちらよりご覧下さい(PDF)

場所:江差町保健センター(江差町役場内)

 日時:平成24年8月31日(金) 13:00-15:30 【参加無料】

 参加希望の方は、8月24日までに江差町役場健康推進課健康推進係(0139-52-6718)までお申し込み下さい。

 

 

 糖尿病講演会(森町)...終了いたしました

 内容>>>こちらよりご覧下さい(PDF)

 場所:森町保健センター

 日時:平成24年8月30日(木) 13:30-15:30 【参加無料】

 参加希望の方は、8月23日までに森町役場健康推進課健康推進係(01374-3-2311)までお申し込み下さい。

 

 

 

 また、この他にも、多数の講演会を予定しています。詳細が決まり次第、情報を更新いたします。

 

                   【お問い合せ】国立病院機構函館病院

                          地域連携室

                          0138(51)3876

道南初!9月14日よりリンパ浮腫外来を開始します

 本年6月にリンパ浮腫技能指導者の資格を当院看護師2名が取得しました。
 道南の病院では初めてのリンパ浮腫外来を9月14日(火)から開始いたします。リンパ浮腫でお悩みの患者さんが地元でリンパドレナージがうけられるようになります。

 

 

 

リンパ浮腫とは?

 今まで乳がんの手術でリンパ節を取った患者さんは「腕がむくんでしまうのは仕方ない」と思われていました。腕全体が大きくむくんだせいで服が入らなくなったり、赤く腫れて辛い思いをしていた患者さんもいたと思います。また、自分がリンパ浮腫であることを知らずにいる患者さんも大勢います。現在ではリンパ浮腫の治療が可能となり、一人で悩まなくても良くなったのです。

 

 

 

rinpa1.jpg

リンパ浮腫の治療を始める前に受診(毎週火曜日の外科外来)が必要となります。

 

  料金
   セルフケア指導
    ●初回指導料(カウンセリング料含む)    ¥3,150
    ●再来指導料                ¥1,050
   治療
    ●ドレナージ
     一回60分                ¥5,250
     以後30延長毎に             ¥3,150
   バンテージ
    ●上肢一側                 ¥2,150


   ※上肢のリンパドレナージ(乳がん術後)を対象としていますのでご了承下さい。

 リンパ浮腫外来は完全予約制です。受診を希望の方は相談支援室までご相談ください。

 

                    【お問い合せ】
                      国立病院機構函館病院
                      相談支援室直通0138(51)0229

                            

患者談話室を新規オープンいたしました。

平成22年4月から当院特殊診療棟2階に患者談話室を新規オープンいたしました。       

 danwa.JPG

 患者団体の皆様をはじめ、患者さんや家族のみなさまの集いの場、患者さんを集めての講習会などの場として、誰でも気軽に利用できる場所を無料で提供しております。
 広さは約50m2(15坪程度)で部屋の半分弱は畳敷き(12.5畳)にしており、お茶などを飲みながら患者さんや家族の団らんの場として使用していただくことができます。残りの30m2程度はミーティングテーブル(10名程度)を設置し、カンファレンス、講習会などで使用することとしています。
 カンファレンス、講習会などは必要に応じて看護師やソーシャルワーカーなどが患者さんの悩みなどを聞き、必要なアドバイスしてくれます。
 使用申し込み、場所の見学は随時受け付けております。

 

【設備・備品等】
広   さ:約50m2(畳敷き12.5畳、フロアー約30m2)
畳スペース:テレビ、DVDプレーヤー、テーブル、座布団
フロアー :流し台、電気ポット、ミーティングテーブル、椅子パソコン、プロジェクター、スクリーン

 

【使用申し込み】
使用可能時間 :9時から17時(土・日・祝日も使用可)。夜間の使用については相談に応じます。当院スタッフの介入に関しては土・日・祝日を除く9時から17時までとさせていただいております。

 

使用申込書方法:使用申込書は地域連携室で配付しております。空き状況についてはあらかじめ下記へお問い合わせください。また、利用目的によっては使用をおことわりさせていただくこともございますのでご了承願います。

 

使用申込書のダウンロードは  》》》  こちら

 

 

【使用申し込み及びお問い合わせ先】
 国立病院機構函館病院地域連携室(医事事務室内) 担当:山本
  電 話:0138-51-3876(直通)
FAX:0120-750-766