トップページ >  > 第119回 国立函館病院合同教育講座を開催しました。

第119回 国立函館病院合同教育講座を開催しました。

 第119回国立函館病院合同教育講座が開催され、横浜市立大学医学部がん総合医科学教授 市川 靖史先生が「膵神経内分泌腫瘍の診断と治療?古くて新しいRI内用療とは何か??」と題して講演され、放射線薬物療法についてお話されました。国立館病院でも放射線治療のためRI療法用のベット3床を有していますが、市川先生の演をお聞きし、恥ずかしながら初めて理解できました(管理課長高崎正則)

godo119.jpg