トップページ >  臨床研修医募集について >  臨床研修医インタビュー

臨床研修医インタビュー

 Q1 自己紹介 簡単な自己紹介と、現在目指している診療科を教えてください。

          

金子です。福島県出身で、マッチングで応募し当院で研修させて頂いております。

函館には親戚もおり、何度も遊びに来たことがあります。

今のところ、消化器外科に興味があります。よろしくお願いします。

 

 Q2 当院で働き始めて1年が経過しましたが、最初に思い描いていた研修生の印象と異なることはありましたか。あるいは、思い描いていたよりも、良い印象があればお聞かせ願います。

 

見学したときに、施設を案内してもらったり手術に入らせてもらったりして、短い時間ですが雰囲気は伝わりました。ですので、おおむね予想どおりでした。

見学に来た時の印象そのまま、という感じです。

研修医の生活というのはどういうものかあまり想像できなかったのですが、毎日新しいことの連続で、いまはとても充実しています。

できることが少しずつ増えていく一方、できないことも次から次へと自覚するので、気付いたらあっという間に1年間が過ぎていました。

規模の大きくない病院なので、他職種の方とも距離が近く、上司にも話しかけやすい環境なのはありがたいです。

 

 Q3 これまで最も印象的な経験、出来事は何ですか

 

僕は手術に興味があるので、経験したことのない手術に入らせてもらうときはワクワクします。

同じ病気・手術でも全く同じものはないので、毎回新しい発見があり勉強になります。

 

 

 Q4 忙しい毎日でホッとするときはどんなときですか

 

函館は海産物が豊富で、鮮度のよい旬の魚介類が食べられるので、毎日幸せです(笑)

年に数回、院長先生が医局でマグロを捌いて振る舞ってくれます。

それと、僕は釣りや登山など自然の中で遊ぶのが趣味なのですが、北海道の自然の懐深さにいつも感動しています。

 

 Q5 1人だけの初期臨床研修ですが、困っていることはありますか。反対に1人だから良いことはありましたか

 

良い点・悪い点いろいろありますが、一言でいうと、とても大事にしてもらえます。

同期がいないと自分の出来が周りと比べて分からない、いざというときに同期に相談できない、といったデメリットをよく言われます。あとは、全部の科が揃っていないこと、若い先生が少ないので同じ世代での飲み会が少ないこと、研修医向けの勉強会が少ないことなども、人によってはマイナスかもしれません。同期と一緒にわいわい楽しく研修がしたい人や、周りと競い合って切磋琢磨したい人には当院の研修は向いていないと思います。

いい点は、症例のとりあいが全くないこと、自分の希望通りに研修日程が組めること、コメディカルの方々に名前を覚えてもらって病院全体の職員さんと顔見知りになれること、ベテランの先生にも直接話しかけて気軽に相談できること、1人しかいないので自分のダメなところ・いいところを直接はっきりと言ってもらえること、発表や研修の機会をたくさんもらえること、などなどたくさんあります。

僕はそれらを考慮した上で、比較的小規模な病院で研修させて頂きたいと思いこの病院を選ばせてもらいましたが、今のところとても居心地がよいです。

国立病院機構では研修医向けの研修会が毎月のように全国各地であります。当院では研修医が僕だけなので、行きたい研修には全て行かせて頂きました。昨年は名古屋、福岡、岡山での研修に参加させて頂きました。

また、当院には研修医が研修しなければいけない診療科のいくつかがありません。その場合、同じ国立病院機構の他の病院でお世話になることがあります。僕は昨年度末に仙台医療センターで麻酔科・救急科・小児科をまわらせて頂き、4か月という短い間でしたが、大きい病院の雰囲気も経験させて頂きました。 同期の研修医にも優しくしてもらい、楽しく研修できました。

  研修医が気になる手技の数も、充実しています。CVカテーテル挿入やPICCカテーテル挿入、CVポート留置、腹腔鏡下虫垂切除、胸腔ドレーン、挿管など、複数(ものによっては1年で50例以上)経験させて頂き、数には困りません。初めはやらせてもらうだけで嬉しくてとにかく一生懸命でしたが、次第に適応や合併症の対応などにも目が行くようになり、単に数をこなすだけでなくフィードバックをきちんとしてもらえるので、中身を伴って経験値が上がっていくのを実感できます。これも1人だけの研修医で余裕を持って指導してもらえるからこそだと思います。

その他にも、学会での発表や論文の執筆を1年目で複数経験させて頂き、とても勉強になりました。

 

Q6 函館病院に見学に来られたときの印象はいかがでしたか

 

見た目は大学病院や市中総合病院と比べて小規模だと思いました。

外科を見学させてもらいましたが、手術症例数などが規模の割に多く、食道や膵頭十二指腸切除など大きい手術もたくさん行っていて驚きました。

また、研修担当の先生に施設を案内して頂き、昔の国立病院ということもあって臨床研究などの施設や環境も充実していることを知りました。

 

 Q7 函館病院での初期研修はイメージどおりでしたか

 

上にも述べたとおり、イメージ通りでした。見学に来てみれば、だいたい分かると思います。

 

 Q8 指導医の先生のご指導はいかがでしょうか

 

直属の上司から院長まで、何か相談したいときにいつでも話しかけられる環境なのはとてもありがたいです。また、いい点悪い点を直接はっきりと言ってもらえるので、自分の中で日々の課題が分かりやすいです。気さくでさっぱりした性格の先生が多いので、人間関係などの余計なストレスなく研修ができています。

  

Q9 函館病院での初期臨床研修で勉強になったことは(臨床・当直・救急なんでも)

 

全部です。余裕をもってたくさんの手技・手術・急患などを経験させてもらえるのがとてもいいです。

 

 Q10 カンファレンスの雰囲気はいかがですか

 

術前カンファなどでは症例を与えてもらって、プレゼンします。足りない点はたくさんありますが、優しくその場で言ってもらえるので、ありがたいです。若い先生からベテランの先生まで、意見を自由に述べる雰囲気で過度の緊張感なく発表できます

 

 Q11 休日はどのように過ごされていますか

山川海などで生き物を探しています。北海道は広大なので、毎回新しい発見があり飽きることがありません。

 

 Q12 これから初期臨床研修病院を選択する医学生にメッセージをお願いします

 

それぞれの性格に合うタイプの病院があると思います。学生のうちにいろいろ見学へ行ってみて、人気だけにとらわれず、自分が重視する条件に合致する病院を選ぶのがいいと思います。

 

金子 司先生 (福島県立医科大学)

平成28年 研修医2年目

 

臨床研修医インタビュー

 

kensyui262.JPG

 

研修病院としては決して大規模とは言えませんが、小さいには小さいなりの身軽さと親しみやすさがあります。

ぜひ一度見学にきてください。

 

  

 

島津 香(旭川医科大卒)

  国立病院機構函館病院卒後臨床研修プログラム平成25年度修了

   現在、国立病院機構函館病院後期研修中 

 

 

 当院は、研修病院としては大規模とは言えませんが、その分上級医の先生方やコメディカルの方々との距離も近く、とてもアットホームな雰囲気です。研修医が少ないので症例を取り合うこともなく、手技等もマンツーマンで丁寧に教えていただけます。診療科が少なく不安に思われるかもしれませんが、必要または希望があれば機構の系列病院で研修を受けることができ、違う病院の雰囲気なども垣間見ることができます。

   ぜひ一度見学にきてください。

 

 



kenshutop2.JPG