お問合せはこちら

独立行政法人国立病院機構 函館病院

臨床研修医インタビュー

臨床研修医インタビュー #1

氏名:米谷 則重
平成30年度 - 初期臨床研修医
出身大学:岩手医科大学
Q1当院を選んだ理由は?

当時第一希望にしていた他院でパンフレットを見たのがきっかけです。マッチング締め切り直前に滑り込みで見学(兼面接)に行きましたが、研修環境に想像以上の魅力を感じたのでそのまま第一希望を変更しました。

Q2実際に研修してみてどうですか?

先生方は熱心に指導してくださる上、少人数なので手技の取り合いが発生しません。とにかく手技を身に付けたい人はもちろん、私の様に大人数では埋もれてしまう人間にも最適な環境です。院内にない科は関連病院で研修を行うことができるのも魅力です。

Q3函館は住みやすいですか?

気候的に過ごしやすく、食べ物も美味しいので気に入っています。市内主要部には路面電車が走っているので移動にも困りません。

Q4最後に、医学生さんに一言お願いします。

国家試験頑張ってください。乗り切ればきっといい思い出になります。

臨床研修医インタビュー #2

氏名:角藤 一
平成30年度 - 初期臨床研修医
出身大学:徳島大学
Q1当院を選んだ理由は?

中規模市中病院で、プライマリケアを中心とした診療能力を身に付け、じっくりと症例や手技を学びたいと考えたため。

以前函館を訪れた時に、自然や歴史、街並みに感動し、いつか住んでみたいと考えていたため。 国立病院機構としての連携があり、仙台、札幌での研修、全国各地での研修会に参加でき学ぶ機会が豊富であるため。

Q2実際に研修してみてどうですか?

研修医の数が少ないので症例や手技の取り合いがなく自分のペースで研修できていると思います。また親切で個性豊かな先生方に囲まれ、日々刺激を受けながら楽しく研修に臨んでいます。

Q3函館は住みやすいですか?

とても住みやすいです。今のところ気候は本州と比べて快適です。当院から飛行場が近いので交通の利便性はかなりいいと思います。食べ物はおいしく、近くに温泉もあり特に文句はないです。

Q4最後に、医学生さんに一言お願いします。

病院を選ぶ上で色々悩むことはあると思いますが、実際には働いてみないとわからないことが多いと思います。なので私もそうでしたが大切なのは縁とフィーリングじゃないでしょうか。まずは病院見学や実習で縁をつくっていただいて、後はフィーリングで決めちゃいましょう。