お問合せ

独立行政法人国立病院機構 函館病院

医療関係者の皆様へ

看護部

看護部からのお知らせ

過去のお知らせを表示

1.看護部の理念

「心のかよう看護をめざす」

2.看護部基本方針

  • ・患者さま一人ひとりに対し、人間としての尊厳を守り、ニーズに応じた看護を行う
  • ・専門職業人として、看護の本質を常に追求し、科学的、主体性のある看護を行う
  • ・医療チームと共同し、患者さまが安心して医療が受けられるよう環境を提供する
  • ・看護が継続されるよう、地域の医療・保健・福祉関係者との連携を図る

3.教育プラン

平成30年度 看護部教育委員会主催の主な研修

※表は横にスクロールできます

ラダーⅠ
  • ・新採用時研修
  • ・静脈注射
  • ・多重課題
  • ・リフレッシュ
  • ・シャドーイング
  • ・フィジカルアセスメント
  • ・看護の振り返り
ラダーⅡ
  • ・チームスキル研修
  • ・看護倫理
  • ・ナラティブ
ラダーⅢ
  • ・中堅看護師研修
  • ・チーム力アップ研修
ラダーⅣ、Ⅴ
  • ・経営管理
  • ・人材育成
トピックス
  • ・看護倫理
  • ・人を育てる(プリセプター、実習指導者)
看護研究
  • ・看護研究指導
  • ・看護研究発表

新人看護職員 サポート体制

看護実践の指導はプリセプター、マザーが中心となり、看護職員全員で新人看護師をサポートしています。

サポート体制

新人たちのメッセージ

<循環器病棟>
自分にとっては本当に早いと感じていますが、先輩方のご支援のおかげで少しずつ勤務にも慣れ、成長できたと思います。 新人研修のときプリセプターさんから手紙を頂きとても感動しました。自分はたくさんの方に支えられているんだと改めて実感できました。これからはこれまで先輩方に迷惑をかけた分、恩返しが出来るようにより精進していきたいと思います。
<2西病棟>
私は4月から看護師として働いています。4月は喜びとともに、本当に自分に看護が出来るのかいう不安で一杯でした。初めて患者さんを受け持たせて頂いた時も責任の重さに押し潰されそうでした。しかし、患者さんに「新人さん頑張れ」と声をかけてもらう度に明日も頑張ろうと元気をもらい、スタッフの方々の優しさに自分は1人ではないと安心して働くことができました。これからも沢山の事を吸収し、成長していきたいと思います。
<3西病棟>
混合病棟は様々な診療科の患者さんがいるので学ぶことも多く大変ですが、定期的に行われる新人研修やプリセプターとのチェックリストの確認などもあり、日々の勤務に役立てています。病棟では、プリセプター以外のスタッフも「大丈夫?」と声をかけてくれたりとスタッフ全員に温かく見守られ働いてくることができました。まだまだ看護師として未熟ですが、これからも毎日笑顔で患者様と接していきたいです。

プリセプターとマザーからのメッセージ 「新人とかかわるときに大事にしていること」

<2西病棟>
私はプリセプターとして、新人の悩みに耳を傾けながら、一人ひとりのペースに合わせて、一つずつ仕事をクリアすることで、新人ナースが自信をもって仕事していけるように関わっています。患者さんやスタッフから「新人さんたち頑張ってるね」という声を聞くと自分のことのように嬉しく、プリセプティと一緒に「看護って楽しい!」と改めて感じながらプリセプターをさせてもらっています。
<ICU>
私が大切にしている事は、できるだけ新人が嫌な思いをしないように関わることです。新人へ"新人の気持ちを理解してくれるスタッフがいる"ということを伝え、相談しやすい環境を作ることがとても大切だと思っています。そのため、私は、自分自身が新人だった頃を思い出し、新人の表情・思いや考えを確認して指導するように心がけています。そして、新人から色々と学ぶことも多いので感謝の気持ちも忘れないようにしています。
<中材・手術室>
私は今、4年前に新人だった頃の新鮮な気持ちや、未知の世界に足を踏み入れるような不安な気持ちを抱いていた時のことを思い出しながら新人と関わっています。そのため、新人とはたくさんコミュニケーションをとり、何でも話すことができる雰囲気を作り、不安な気持ちや悩みを一人で抱え込むことがないように関わっています。
<ICU>
新人看護師に対し心理的サポート・技術指導を行うプリセプターがいます。
そして新人だけではなくそのプリセプターへの全面サポート、教育の計画評価を行うのがマザーの役目です。
更にスタッフ全員が新人育成に協力、参加できるよう調整・声がけをするのもここでのマザーとしての私の役目だと思っています。
組織の中で働く一社会人として挨拶・気配り・感謝のできる人になってほしいと本当のマザーのつもりで一緒に成長しています。

4.資格・認定看護師

<がん性疼痛看護認定看護師>
私は、患者さんの痛みが和らぎ、笑顔でお話ができ苦痛がなく生活している姿を一人でも多く見られるよう日々関わっています。苦痛が和らいだ患者さんから「来てくれたのね。ありがとう。」と言う言葉をいただきます。患者さんや一緒にいるご家族の笑顔を見ることでこちらも癒されます。患者さんの辛い表情を見るよりは、笑顔をたくさん見ていきたいです。
<感染管理認定看護師>
私は院内感染防止の活動を通し、患者さんが安心して療養できる環境作りを目指しています。中でも感染防止の基本である「正しく手を洗う」「うがいをする」などは、全職員が実施できるように、勉強会の開催やニュースの発行、病院内の定期的なラウンドに力を入れています。これからも、患者さんや家族、職員へ、これらの活動を通し感染防止の啓発や情報発信をしていきたいと思います。
<BLSインストラクター>
BLSインストラクターは、受講生に実技練習を通してBLS(一次救命処置)の重要性を伝えています。「救える命を救うため」多くの方々と一緒にBLSを継続して学べる活動が魅力です。受講生は受講動機がさまざまですので、多様なインストラクションが求められます。体を動かした練習が深まるにつれ、受講生と共に素晴らしい蘇生チームを体験できます。皆さんもぜひ一度体験してください。
<治験コーディネーター看護師>
私たちは、患者さん(被験者)、医師、他部門、治験依頼者の間に入り治験が円滑に進むように支援調整すると共に全体をコーディネートしています。患者さんのサポートでは、同意説明をじっくりと行い、来院日には検査、診察に付き添ったり、電話で来院の確認や不安事を聞いたり、何かあったときにはすぐ対応できるようにしています。患者さんからは、「待ち時間が気にならない」「話を聞いてくれて不安がなく参加できた」という声が聞かれています。私たちは患者さんと良い関係を保ちながら、安心、安全、正確に治験が進むよう日々頑張っています。興味のある方はぜひ治験管理室を覗いてみてください。
<消化器内視鏡技師>
内視鏡部では、上下部・膵胆管系の内視鏡検査をはじめ、内視鏡的粘膜下層剥離・ポリペクトミー・経皮内視鏡的胃廔造設術などの治療や止血処理など、準備や介助を行っています。管腔内からみた消化管はとても神秘的で、人体の"不思議"を感じる場面でもあります。より専門的で質の高い内視鏡看護を目指し、ガイドラインを遵守した内視鏡の洗浄・消毒・滅菌、クリニカルパスを用いた検査前から検査後の説明を行うことで、患者様への「安全で安楽な検査治療の提供」に心がけています。
<乳がん看護認定看護師>
私は、乳がん患者さんの告知から関わり、乳がんになってしまったことによるショックや治療選択に関わる迷いや不安などをできるだけ軽減できるよう支援させていただいています。また、乳がんの治療・経過は長期に渡り、日常生活との折り合いをうまく取りながら継続することが求められるため、患者さんと一緒に進んで行くような気持ちで寄り添った看護をしていきたいと日々思っています。
<がん化学療法看護認定看護師>
がん化学療法は長期にわたる治療で何度も入退院を繰り返したり、外来での治療が何度も続く治療です。また治療後は様々な副作用が出現してしまうことがあります。そこで、緩和ケアチームと協働し患者さんの副作用を早期に発見できるよう定期的に訪問しています。また副作用に対するケアを統一するためスタッフへの指導も行っています。今後も患者さんの苦痛を少しでも軽減できるよう取り組んでいきたいと思います。

医療関係者様向け新着情報